介護とファクタリング

subpage1

介護はファクタリングサービスを受けやすいというか、それが必要になることの多い業界です。


ファクタリングとは売掛債権を買い取るサービスのことですが、そういうサービスが必要とされる背景、あるいはそういうサービスが成立する背景には次のようなことがあります。
一つには売掛債権の発生から回収まで時間差があることです。

例えば店頭で一般の消費者が現金で品物を購入するような場合はこの時間差は皆無ですが、例えばクレジットカードで支払った場合は月単位で時間差が発生します。その間、事業者は実際の収益は入りません。

医療ファクタリングに関する耳より情報です。

これはその時間差が長くなるほど、また債権の金額が大きくなればなるほど、事業者にとっては無視できなくなり、何らかの対応を考慮する必要性も増えてきます。

朝日新聞デジタルの情報収集ができます。

もう一つ考えなければならないことは、その売掛債権の回収の容易さです。買い取る方としては無条件にどんな売掛債権であっても買い取るわけには当然いきません。



本当に回収できる売掛債権なのか、回収は容易なのか、支払いを渋られたり、最悪の場合には債務先が倒産してしまうようなリスクはないのか、調査した上で買い取らなければそれこそ不良債権になってしまいます。


介護の場合はこの2つの背景を両方とも満たしているために、このファクタリングサービスが重要視されるシーンが多いのです。

介護給付金の発生から回収までは時間差があります。

また、介護給付金は公的な売掛債権であり、不良債権になるようなリスクがありません。